生物電流の電気治療器TEATE

+-がある交流の波形に「休み」を取り入れ、生物電流と同じ種類の波形にしたことで誰もが気持よく感じ、副作用がなく体中のどこにでも使うことができます。

一般の低周波治療器は、
+だけの直流電流を使用しているため、生き物にとっては異質の刺激となり使い方にも制限があります。

病名や症状を問わず、
体中どこにでも使えます。
不快感(痛み・かゆみ・皮膚の荒れなど)がなく気持ち良い使用感です。
長時間使用しても副作用はありません。
年齢を問わず、お子様からお年寄りまで
幅広くご使用できます。
患部の早期発見も可能で、予防にもご使用頂けます。



明宏のTOPページへ